目の応急処置

目を強くぶつけたり、化学薬品が目に入った場合、応急処置が必要です。


強くぶつけた場合
まず冷やして腫れを抑えてください。
出血がある場合は、あまり強く押さえず、安静にする事が大切です。

化学薬品が目に入った場合
こすらず、すぐに流水で15分以上は洗い流してください。(入った薬品を荒い流す)
眼科へ行き、何の薬品が入ったのか、原液か薄めたものかを医師に伝えてください。


※アルカリ性のものが目に入った場合は重傷になることがあります。

いざという時のために知っておきましょう。

強アルカリ性 セメント、カビ取り剤、漂白剤、脱毛剤、苛性ソーダ
アルカリ性 パーマ液、トイレ用洗剤(一部)、換気扇用洗剤
酸性   バッテリー液、トイレ用洗剤(一部)パイプクリーナー(一部)
中性  衣料・食器用洗剤、化粧水など




目に化学薬品が入った時、鉄片(鉄粉)が入った時はすぐに眼科を受診しましょう。