カスタムレーシックを可能にする

 
ウェーブフロントカスタムレーシック
 
2008年3月21日よりエキシマレーザー手術装置が新しくなりました。
当手術装置の導入により、患者さん個々の眼に合ったレーザー照射(ウェーブフロント・カスタムレーシック)が可能となりました。角膜不整成分を除去するマルチポイントアブレーションにより、これまでの近視・乱視の矯正に加えて、角膜不整乱視や細かな収差のため視力の出にくかった例や、手術後の夜間の見え方の改善も望めるようになりました。
一人一人の視覚情報にカスタマイズされたレーザー照射プログラムにより、更なるQuality of visionを提供します。

手術の流れ

※ LASIK = Laser in situ Keratomileusis

リスクの説明

合併症について、すべての患者さんに知っていただきます。最も重要なことは、どのような手術でも患者さんがある程度のリスクや負担を受け入れて頂かないと手術はできないということです。
ほとんどの患者さんが、重篤な合併症に合わず、視力が改善したことを喜んでいても、私は患者さんがレーザー近視矯正手術を受けるのを勧めたり、止めようとするつもりはありません。
私は患者さんに起こりうるリスクについて正確に説明することにより、ご自身の判断の助けにしたいのです。あなた自身が充分に理解することが非常に大切です。仮に予測できない合併症が起こった場合、適切な対処ができなければいけません。患者さんにとって手術によるリスクを避ける唯一の方法は、手術を受けないことです。

感染のリスク

術前から抗菌剤の点眼をして予防します。

痛みのリスク

手術後4~5時間で楽になります。術直後は光に敏感になり、涙がたくさん出たり、腫れたりします。

ヘイズ

矯正量が増えると、割合も増加します。汚れたフロントガラスを見ているように見えます。

夜間グレア

手術後ごく少数の患者さんに、夜間の運転が難しくなるほどのグレアを認めます.瞳孔が大きく、高度近視の患者さんは夜間グレアのリスクが大きくなるようです。

視力について

ほとんどの患者さんが、手術直後にはぼやけて見えると言います。LASIKでは手術後24~48時間以内に視力が大きく改善されます。また、明るい場所に比べて暗い場所(または夜間)では、視力の低下を感じることがあります。ぼやけて見えるという患者さんの98~99%は6~12ヶ月で回復しますが、まれに続くこともあります。

近視の戻り

手術後しばらく良く見えていても、1ヶ月以上経過して、近視側に戻ってしまうことがあります.ひどい場合には再手術を行うこともあります。

フラップ作成時の合併症

LASIKの合併症のほとんどは、フラップ作成時に起きます。もし起こると、1)手術を3ヶ月延期します。2)手術後の治癒が遅くなります。3)一時的、または永久的に少しぼやけて見えます。

層間の炎症

サハラ砂漠の砂紋(SOS - Sands of the Sahara)又はDLK(Diffuse Lamellar Keratitis)との呼ばれ、手術後早期(2~7日目)に発生し、視力低下を来します。ひどい場合には、直ちに再手術を行い、濁りを取り除きます。

角膜上皮の迷入

迷入した上皮細胞をそのままにしておくと、ひどい場合には視力低下したり、フラップを損傷することがあります。治療は、フラップを剥離して、上皮細胞を取り除きます。少しの迷入では視力低下は起こりません。

矯正視力の低下

まれに起こります。手術前に比べて矯正視力が何段階も低下することがあります。
エキシマレーザー近視矯正手術で失明した人はいませんが、完全な視力の保証はありません。これを術前に予測することはできません。
矯正度数(近視矯正量)によって、回復の早さと術後の矯正精度が決まります。

再手術について

再手術は矯正量が不足であったり、近視が戻った場合に行います。
LASIKでは、このときマイクロケラトームで新たな切開を加える必要はなく、最初のフラップを再剥離して行います。
再手術を行うかどうかは、慎重に判断します。

視力の回復について

視力の回復は術前の矯正視力より良くなることはないようです。

老眼について

45才以上の患者さんは、術後に老眼鏡が必要になる可能性があります。

特別な注意について

術後3日間は角膜上皮が再生される期間で非常に重要です。角膜上皮が修復するまでは休息を心がけ、ほこりの多い所は避けて下さい。
LASIKでは、術後1週間はフラップが傷つきやすいため、目を擦ったり、強く押さえたりしないようにしてください。
活発な活動(スポーツ等)も控えて下さい。
TVなどは翌日から見てもかまいません。
仕事は眼の状態が良ければされてもかまいません。