レーシック

レーシックにかかる費用を教えて下さい


まず、適応検査を受けていただくための検査診察料が必要です。料金は5,250円(本体価格5,000円・消費税250円)です。(健康保険は適用されません)
適応検査で適応と判断された後、説明会を経て手術前検査および手術の予約となります。
手術料金は2通りあり、カスタムレーシック(ウェーブフロントレーシック)ですと両眼で189,000円(本体価格180,000円・消費税9,000円)、従来型のレーシックは両眼で157,500円(本体価格150.000円・消費税7,500円)です。
手術後3ヶ月間の定期検査の料金は、手術料に含まれておりますので必要ありません。

(※注)2013年8月に開院30周年を迎えることに感謝して、2011年3月9日より手術料についてはそれぞれ10%OFFとしておりますが、 好評につき8月以降もこのまま据え置くこととなりました。

尚、上記料金設定は事前の予告なく変更することがありますので予めご了承ください。

レーシック手術後の通院回数は?


手術翌日の朝8時30分には必ず受診していただきます。
その後は、手術日から数えて1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後の3回の定期検査をお願いしております(その間の検査診察料は手術料金に含まれますので不要です)。
ただし、眼に何らかの異常を感じた時は、速やかに受診していただく必要があります。

レーシックに年齢制限はありますか?


下限は18歳以上(20歳未満は保護者同伴による説明会への参加と手術の同意が必要です)ですが、上限はありません。

 目薬

1回1滴でいいんですか?


点眼液はちゃんと入れば1回1滴で充分です。それ以上入れても涙点から排出(溢れる)されます。

目薬がまだ余っているのですが・・・


点眼瓶5mlの場合、100滴〜120滴くらいに相当します。左右1回1滴づつで1日2回点眼の場合、約1ヶ月、1日3回で約20日で無くなる計算になります。片眼ですと1日4回で約1ヶ月くらいです。

寝る直前に点眼してはいけませんか?


就寝前に点眼してはいけない点眼薬は基本的にありませんが、薬剤師の説明や添付文書をよくお読みになってご使用ください。

複数の目薬を入れる時は続けて入れても大丈夫?


違う種類の点眼薬を続けて点眼する場合は5分程度(最低2分以上)間隔を空けて点眼して下さい。
複数の点眼をする場合、後から点眼した薬剤が、先に点眼した薬剤を追い出す様に働きます。

目薬がしみるのですが


目薬がしみても問題ありません。
ただし、しみる点眼薬はその刺激によって涙が出るので、薬剤が希釈されやくなります。

防腐剤が入っていないから何回さしても大丈夫?


過度の点眼は涙液膜の保護に重要な成分、タンパクや脂質・ムチンまで洗い流してしまうことになるため、防腐剤の有無はあまり関係がないと思った方がよいでしょう。

妊娠しているのですが大丈夫ですか?


妊娠初期は全ての点眼薬は控えて下さい。
妊娠4ヶ月以降は問題ないと思いますが、交感神経・副交感神経に作用する薬剤は避けた方が良いでしょう。